焼火神社 [西ノ島町]

海を見守る航海安全の神

焼火神社は北前船が盛んとなった江戸時代に航海安全の神様として広く知られ、江戸時代の画家、安藤広重や葛飾北斎の浮世絵にも描かれています。神社本殿は隠岐最古の木造建築で岩屋の中に建てられていますが、大阪で部材を加工し現場で組み立てており、現在のプレハブ建築という画期的な工法が用いられています。

  • 神社
  • 携帯電波強
  • 動物注意
  • 滑落注意
  • 転落注意

アクセス情報

  • 駐車場あり

別府港から車で20分+徒歩15分
料金無料
定休日なし
駐車場あり
島根県隠岐郡西ノ島町美田

関連する動画

  • 焼火神社

このスポットをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加